おすすめのスキンケア資格の通信講座はコチラ>>

スキンケアマイスター資格とは 口コミと資格取得のメリットを解説!

美容業界へ転職を考えているけど、資格があったほうが有利かな?

自分や家族のためにスキンケアの資格を取ってみようと思うけど、種類がたくさんあって迷う…

というお悩みはありませんか?

スキンケアに関する資格は、有名なものがいくつかありますよね。
同じように見えて、実はそれぞれ特色があるんです!

スキンケアの知識は生活に必須なものですが、その割にしっかり学ぼうと思うと、専門的な知識も必要になってくるのが困りもの。

勉強から長らく離れていた方や、皮膚科学と化粧品科学について全く予備知識がない方にとっては難しく感じてしまうことも多いでしょう。

そこで、今回は初心者の方におすすめのスキンケアマイスターの資格について紹介していきます。

同じく、日本スキンケア協会が主宰しているスキンケアアドバイザー資格についても紹介します。

スキンケアアドバイザーは初心者が取り組みやすい資格となっています。

おすすめの講座情報を見る
  1. スキンケアマイスターはどんな資格?
    1. スキンケアマイスターは、美容を総合的に学んだ方が取得できる資格!
    2. スキンケアアドバイザーとの内容の違いは?
    3. スキンケアマイスター・スキンケアアドバイザーはどちらも美容職の方におすすめ!
  2. スキンケアマイスター・スキンケアアドバイザーの資格を取得された方の口コミをそれぞれ紹介!
    1. スキンケアマイスターの良い口コミは?
    2. スキンケアマイスターの悪い口コミは?
    3. スキンケアアドバイザーの良い口コミは?
    4. スキンケアアドバイザーの悪い口コミは?
    5. スキンケアマイスターとスキンケアアドバイザーの口コミからわかる、それぞれの資格に適したのはこんな方!
  3. スキンケアマイスターの資格試験に向けての学習方法について 合格への近道はある?
    1. スキンケアマイスターは公式テキストを使用して独学で学習
    2. スキンケアアドバイザーは通信講座で学習
    3. 勉強が苦手な方の場合、スキンケアアドバイザーがおすすめ!その理由は?
  4. 資格取得への最終ステップ!スキンケアマイスターの試験はどんなもの?
    1. スキンケアマイスターの試験は、web受験でお手軽
    2. スキンケアアドバイザーには試験ナシ レポート提出でお手軽!
    3. それぞれの試験内容を紹介 合格率は?
  5. スキンケアマイスター資格へ挑戦するためには?スキンケアアドバイザー講座と比較してみた
    1. スキンケアマイスターの試験に申し込む手順
    2. スキンケアアドバイザーになるには、専用講座の申し込みから
  6. 資格取得後にはどんなアフターフォローがあるの?更新や年会費は?
    1. 資格取得後のアフターフォローが手厚いのはスキンケアアドバイザー!
    2. スキンケアマイスターは資格取得後に更新アリ
    3. サロンを経営されている方にはスキンケアアドバイザーがおすすめ!
  7. まとめ

スキンケアマイスターはどんな資格?

まずは、スキンケアマイスターとスキンケアアドバイザーの資格が、どんなものなのか紹介していきます。

それぞれどんな方に適しているのかも紹介していきますので、転職やキャリアアップを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スキンケアマイスターは、美容を総合的に学んだ方が取得できる資格!

スキンケアマイスターは、日本コスメティック協会が主宰している、美容の資格。
「スキンケア」という一言だと、化粧品や美肌マッサージでのケアなどを思い浮かべますが、スキンケアマイスターの試験範囲はそれだけではありません。

化粧品などに加えて、サプリメントや美容医療、美容関連法規に至るまで、さまざまなことを学ばなければ資格取得は難しいでしょう。

私たちは、皮膚が美しいことを「美容」、お肌を表面的にケアすることを「スキンケア」と思いがちです。

しかし、「美容」の要素となるのは、皮膚に加えて汗腺や皮脂腺、脂肪組織、骨、歯などさまざまな臓器が挙げられます。

これら全ての臓器に対して、美しく健やかであることを「美容」と定義して出題されるのが、スキンケアマイスター試験。

医療にも通じるさまざまなケア方法までしっかり学んだ方が取得できるのが、スキンケアマイスター資格です。

スキンケアアドバイザーとの内容の違いは?

それでは、もう1つの美容資格、スキンケアアドバイザーとはどのような違いがあるのでしょうか。

スキンケアアドバイザーの資格を取得するには、スキンケアマイスターの学習範囲である皮膚科学や化粧品科学などに加えて、お客様や周囲の方へアドバイスする能力が必要です。

スキンケアに関するさまざまな知識を正しくアドバイスすることにより、お肌にお悩みがある方の手助けをするのが、スキンケアアドバイザー。

スキンケアマイスターは皮膚科学・化粧品科学に加え医療や栄養を学ばなければならないのに対して、スキンケアアドバイザーはアドバイス力や接客力など、美容業界の方が現場ですぐに使える技能を学びます。

おすすめの講座情報を見る
スキンケアアドバイザーを独学で取得する方法
エステティシャンとして信頼度の高い資格を取得したいけど、普段の業務が忙しくてスクールに通うヒマがない… 美容関係のスクールって学費が高額で、若い人が多いイメージもあって敷居が高い...

スキンケアマイスター・スキンケアアドバイザーはどちらも美容職の方におすすめ!

スキンケアマイスターもスキンケアアドバイザーも、スキンケアに関する皮膚科学や化粧品科学についてしっかり学ばなければならない資格のため、どちらも美容業界で働いている方転職を考えている方におすすめですよ!

スキンケアマイスターは美容医療や関連法規について学び、スキンケアアドバイザーはカウンセリング技術などの接客について重点的に学びます。

現在就いている職や志望の業種によって、チャレンジする資格を選ぶようにしましょう。

エステサロンや百貨店の化粧品カウンターなど、お客様に直接カウンセリングをする場合は、接客力が求められるスキンケアアドバイザー資格がおすすめです!

おすすめの講座情報を見る

スキンケアマイスター・スキンケアアドバイザーの資格を取得された方の口コミをそれぞれ紹介!

次に、スキンケアマイスターとスキンケアアドバイザー資格について、それぞれの口コミを紹介していきます。

良い口コミと悪い口コミどちらも紹介するので、どちらの資格に挑戦するかの参考にしてみてくださいね!

スキンケアマイスターの良い口コミは?

スキンケアマイスター資格に挑戦して「良かった!」という方の口コミを紹介していきます。

美容関連の商品販売をしています。仕事のためにも、女性としての日々のケアのために挑戦してみようと思い、資格試験を受けました。試験勉強の中で、美容に関する知識がより一層深まったと感じます。

もともと化粧品について熟知しているつもりでしたが、受験勉強をしてみてびっくり。意外と知識の抜け・漏れがありました。ユーザー様に正しい知識をお届けするためにも、受験しておいてよかったと思います。

スキンケアマイスター資格は、どちらかというと化粧品の開発に携わる方が多く受験されているイメージです。

すでにある程度知識がある方のブラッシュアップなどに有用な資格のようですね。

スキンケアマイスターの悪い口コミは?

スキンケアマイスター資格に挑戦した方の中で、悪い口コミを寄せられた方の声も紹介していきます。

美容業界へ転職を考えていたので、信頼ある資格ということでチャレンジしてみました。予備知識がなかったもので、難しかったです。せめて試験前に添削してもらえたりするシステムがあればよかったな。

スキンケアマイスター資格は、専門性の高い資格です。
今まで生物・化学分野に触れてこなかった方や、美容業界へこれから転職する方にとっては、少し難しく感じてしまう可能性があります。

公式テキストを中心に学習を進めていきますが、わからないところを質問できなかったり、誤って覚えたところをそのままにしてしまったりする可能性があることがネックと言えるでしょう。

スキンケアアドバイザーの良い口コミは?

それでは、スキンケアアドバイザー資格についての口コミには、どのようなものがあるのでしょうか。
まず、良い口コミを寄せられた方の声を紹介していきます。

主婦でしたが、美容業界への参入を夢見てスキンケアアドバイザー資格に挑戦しました。いきなり試験ではなく、通信講座でしっかり学び、添削を経て資格取得のため、未経験でも問題なく取得することができました。アフターサービスの充実も嬉しかったです。

美容の現場で勤務しています。資格取得で、あいまいだった知識がしっかり定着したと体感しております。お客様からの信頼度も上がって、売り上げアップにつながりそうです。

後述しますが、スキンケアアドバイザー資格を取得するためには通信講座の受講が必須です。
通信講座を受講して、最後に資格取得にチャレンジするような形式ですので、完全に独学で学ぶわけではありません。

とは言え、テキストと課題レポートを用いて学ぶため、時間の制約などもなく完全在宅で受講することができますので、安心してくださいね。

講座で学ぶことから、今まで美容業界に縁がなかった方や、生物や化学の基礎知識がないという方にとっては安心です。

おすすめの講座情報を見る

スキンケアアドバイザーの悪い口コミは?

それでは、スキンケアアドバイザー資格や講座について、悪い口コミを寄せられた方の声も紹介していきます。

講座では、スキンケアの理論や実践についてしっかり学びました。お客様にアドバイスするにはこれで十分と思いますが、手技は内容に含まれていませんでした。エステサロンで勤務しているため、実技も学べるともっとよかったなと思いました。

スキンケアアドバイザー講座の内容は、あくまでもスキンケアについての知識や適切なアプローチ方法、そしてお肌について悩む方に対するアドバイス方法。
フェイシャルの実技などはカリキュラム外です。

しかし、スキンケアアドバイザーと同じ日本スキンケア協会が主宰している「スキンケアフェイシャリスト」という資格・資格講座の場合、フェイシャル技術が主な学習内容となります。

もちろん完全在宅で取得できますし、スキンケアアドバイザーとの同時受講も可能ですので、「技術も学んでおきたい!」という方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

おすすめの講座情報を見る

スキンケアマイスターとスキンケアアドバイザーの口コミからわかる、それぞれの資格に適したのはこんな方!

これらの口コミから考えると、スキンケアマイスターとスキンケアアドバイザーのそれぞれの資格には、以下のような特徴があると考えられます。

スキンケアマイスター

・皮膚科学・化粧品科学に加えて美容医学や関連法規について学ぶ
・専門知識が必要で、化粧品開発などに携わる方に人気
・資格講座や添削などはなく、公式テキストで独学

スキンケアアドバイザー

・皮膚科学や化粧品科学に加えてお肌に関するアドバイス方法など接客を学ぶ

・専門知識を学ぶけれど初心者にもわかりやすい通信講座で、エステティシャン・美容部員などの美容の専門家の他、主婦などにも人気
・資格取得のための講座があり、テキストのほか添削課題もあり

スキンケアマイスター資格に比べると、スキンケアアドバイザー資格のほうが初心者の方でも取得しやすい印象があります。

「これから美容業界に転職を考えている」「生物や化学についてはまったくわからない」という方には、わかりやすい通信講座と課題レポートの添削でサポートが受けられる、スキンケアアドバイザー資格をまず目指してみるのがおすすめと言えるでしょう。

おすすめの講座情報を見る

スキンケアマイスターの資格試験に向けての学習方法について 合格への近道はある?

スキンケアマイスターには、資格試験があります。
合格に向けて勉強する必要がある資格ですので、テキストなどを用いて学習していきます。

スキンケアマイスター資格を狙う場合、どのように学習を進めるのが一般的か紹介していきます。
同様に、スキンケアアドバイザー資格の通信講座についてもリサーチしました!

スキンケアマイスターは公式テキストを使用して独学で学習

スキンケアマイスターの資格にチャレンジする場合、日本コスメティック協会が出版している公式テキストを用いて学習することになるでしょう。

公式テキストは「日本コスメティック協会検定テキスト コスメQ&A 第2版」「日本コスメティック協会 検定参考図書」の2つがあり、どちらも他の検定(コスメマイスター)と共通したものです。

「日本コスメティック協会検定テキスト コスメQ&A 第2版」は、スキンケアマイスターの資格試験範囲を網羅したテキストで、Q&A形式なのが特徴。
初心者にもわかりやすい内容となっています。

「日本コスメティック協会 検定参考図書」も検定用のテキストではありますが、専門的な内容となっています。
スキンケアマイスター資格を取得後、インストラクターまで挑戦してみたい方にはおすすめですよ。

主にこの2種類のテキストを用いて、独学でチャレンジするのがスキンケアマイスター資格です。

スキンケアアドバイザーは通信講座で学習

一方、スキンケアアドバイザー資格を取得したい場合は、通信講座を利用して学習していきます。

公式テキストを用いるのはスキンケアマイスターの学習と同じですが、課題レポートと呼ばれる確認問題と並行して進めていくため、テキストを進めながら理解度の定着をはかることができますよ!

テキストは全2冊。
スキンケアについて学ぶ「スキンケア教本」と、「お客様から愛され続ける接客術」という冊子です。

「スキンケア教本」では、皮膚科学や化粧品科学について主に学びます。
医師が監修した信頼度の高いテキストでありながら、カラー印刷で初心者にもわかりやすい内容になっているため、安心ですよね。

資格取得後、現場では辞書代わりにもなるテキストのため、ずっと愛用できますよ。

「お客様から愛され続ける接客術」のテキストでは、接客について学びます。
お客様への接遇はもちろん、商品販売のテクニックについても学べますので、お店やサロンを経営されている方にも嬉しい内容ですよ。

これらのテキストを、課題レポートと並行して進めていき、学習終了時に課題レポートを日本スキンケア協会に提出すると、添削を受けることができます。

おすすめの講座情報を見る
スキンケアアドバイザーの資格取得の難易度は高い? 合格率や過去問は?
自分のキャリアアップのために、スキンケアアドバイザーの資格を取りたい! と思っても、今まで資格取得の経験が少ない方にとって、新しい資格にチャレンジすることに不安はつきもの。 スキンケアアド...

勉強が苦手な方の場合、スキンケアアドバイザーがおすすめ!その理由は?

このように、スキンケアマイスターとスキンケアアドバイザーには、学習方法に大きな差があります。
スキンケアマイスターはテキストを用いて独学、スキンケアアドバイザーは添削などが利用できる講座で学ぶことになるのが特徴。

「わからないところがあっても調べれば大丈夫!」「専門的でもなんとかなる!」とかなり自信がある方以外は、スキンケアアドバイザーの講座を受講するのが無難かもしれませんね。

スキンケアアドバイザー資格講座の場合、課題レポートの添削を経て、わからないところをそのままにしないというメリットがあります。

現場に出て、正しい知識でお客様をケアしなければならない場合は特に、自分の知識が正確なものかどうかを教えてくれるほうが安心ですよね。

完全に独学の場合、誤った知識がそのままになってしまうリスクもあります。

勉強に自信がなかったり、皮膚科学や化粧品科学について初めて学んだりする場合は、スキンケアアドバイザー講座をまず受講してみるのが安心です。

おすすめの講座情報を見る
スキンケアアドバイザーを独学で取得する方法
エステティシャンとして信頼度の高い資格を取得したいけど、普段の業務が忙しくてスクールに通うヒマがない… 美容関係のスクールって学費が高額で、若い人が多いイメージもあって敷居が高い...

資格取得への最終ステップ!スキンケアマイスターの試験はどんなもの?

スキンケアマイスターの資格を得るためには、資格試験をパスする必要があります。
試験はどんなものなのでしょうか。内容や受験方法についてリサーチしてみました。

同じく、スキンケアアドバイザーの資格取得のための課題レポートについても紹介していきます。

スキンケアマイスターの試験は、web受験でお手軽

スキンケアマイスターの試験は、なんとネット上で受験することができます。
公式サイトで会員登録、受験申込みを行えば、いつでも受験することができるというのがメリットです。

特にクレジットカードやキャリア決済で受験料(5,000円)をお支払いした場合は、すぐに受験することができますよ。

コンビニ決済を選択した場合は、入金確認後の受験となります。

試験は45分で、全50問の試験。
合格率は80%なので、40問正解できれば合格です。
すべて3択問題ですが、1分で1問以上解かなければならないため、スピード感も求められます。

もし不合格の場合は、再度受験料をお支払いして再受験となるので、なるべく一回で合格したいですね。

スキンケアアドバイザーには試験ナシ レポート提出でお手軽!

スキンケアアドバイザーの合格基準は、試験などではなく課題レポートであることは先ほどお伝えした通りです。

「スキンケア教本」「お客様に愛され続ける接客術」のテキストをそれぞれ学習しながら、課題レポートの確認問題を進めていきます。
課題レポートはテキストに即した内容で、テキストを見ながら埋めていくことも可能なため、理解度が深まります。

課題レポートを日本スキンケア協会に提出すると、添削を行ってくれます。

70%以上の正答率の場合には合格となり、スキンケアアドバイザー資格を取得できますよ。
もし不合格だった場合も、学習期間中は無料で添削・合格判定を行ってくれるため、「もし不合格だったらどうしよう」と不安に思うことも少ないでしょう。

受講開始からおよそ1か月程度で資格取得までたどり着くのが平均ですが、学習期間が6か月間設けられており、その間は課題レポートの添削・合格判定を行ってくれるため、予定通り勉強が進められなさそうな方でも安心ですよね。

しかも、6か月でも足りなかった場合は、申請することでもう6か月延長することもできますよ!

それぞれの試験内容を紹介 合格率は?

スキンケアマイスターの試験内容については、検定の各公式テキストから出題されています。
特に「日本コスメティック協会検定テキスト コスメQ&A 第2版」を重点的に進めるのが合格への近道と言えるでしょう。

スキンケアマイスターの合格率は75%ほどで、しっかり勉強しなければ不合格になってしまう場合もあります。

スキンケアアドバイザーのレポートは、特に「スキンケア教本」皮膚科学・化粧品科学の分野から多く出題されているため、重点的に学習すべきでしょう。

課題レポートの合格基準は70%ですが、もし不合格の場合でも学習期間中ならば何度も提出することができます。
合格率などの発表は特にありませんが、この理由からスキンケアアドバイザー資格の合格率は、比較的高いことが推測されます。

スキンケアマイスター資格へ挑戦するためには?スキンケアアドバイザー講座と比較してみた

実際にスキンケアマイスターの資格試験に申し込む手順について解説していきます。
同じく、スキンケアアドバイザー資格講座の申し込み方法についても、合わせて紹介していくので参考にしてみてくださいね。

スキンケアマイスターの試験に申し込む手順

スキンケアマイスターの資格試験に申し込むには、日本コスメティック協会の公式サイトにアクセスする必要があります。

公式サイトで「試験のお申し込み」をクリックして、フォームに必要事項を入力して申し込んでください。
その後、クレジットカード・キャリア決済・コンビニ決済からお支払い方法を選択して、ご自身の都合の良い方法で決済します。

決済が完了すると、「お申込み確認メール」が届きますので、ここに記載されているURLにアクセスすることで、受験画面にログインすることができます。

ここまできたら、あとは45分の試験を受験するのみですよ。

スキンケアアドバイザーになるには、専用講座の申し込みから

一方、スキンケアアドバイザーになるためには、専用の講座を受講する必要があります。
講座は、日本スキンケア協会の公式サイトから申し込むことができますよ!

公式サイトの「講座お申込み」をクリックして、必要事項を入力します。
その後、お支払いすることで講座の申し込みは完了です。あとは教材が届くのを待つだけです。

日本スキンケア協会の公式サイトからスキンケアアドバイザー講座を申し込むことで、さまざまな恩恵を受けられる可能性があります。

このように、公式サイトではお得なキャンペーンを行っている場合も。
リサーチした時点では、スキンケアアドバイザー講座の通常価格46,800円から14,000円引きの、32,800円で受講することができるようになっていました。

このように、スキンケアアドバイザー講座に申し込む場合は、お得なキャンペーンを行っている可能性が高い公式サイトから申し込むのがおすすめです。

おすすめの講座情報を見る

資格取得後にはどんなアフターフォローがあるの?更新や年会費は?

資格を取得したら、その資格を一生使っていくためにも、しっかりしたアフターサービスがあったほうが嬉しいですよね。

スキンケアマイスター・スキンケアアドバイザー取得後の更新の有無や年会費についてもリサーチしました。

資格取得後のアフターフォローが手厚いのはスキンケアアドバイザー!

スキンケアマイスター資格取得後には、いくつかのアフターフォローがあります。

資格取得時に、日本コスメティック協会に会員登録を行いますが、その際に作られるマイページへ、さまざまなサービスのお知らせが届きます。

たとえば、美容関連の知識を得ることができる動画、メールマガジンなどの知識のブラッシュアップの手助けになるものが多いです。
たまに新商品のモニターに応募できることもあるようです。

一方、スキンケアアドバイザーのアフターフォローは、多岐にわたります。

たとえば、スキンケアのプロによる講習会を半額で受講できるサービス
皮膚科医による皮膚科学のセミナーや、講座の内容より高度なスキンケアカウンセリングについて学ぶ講座など、多くのジャンルの学びを提供しています。

美容知識をブラッシュアップできる、素晴らしい特典ですよね。

また、スキンケアアドバイザー資格取得後に、日本スキンケア協会からの会報誌を受け取ることができます。
ここでは、最新知識を学べるほか、活躍する資格保有者の情報が掲載されているんです。
他のサロンのアイデアを取り入れることができるほか、ご自身のサロンを掲載することで新規顧客の開拓につながる可能性も。

このほか、スキンケアマイスターと同じく、メールマガジンや動画配信の特典もあります。

これらのことから、資格取得後のアフターフォローが手厚いのは、スキンケアアドバイザーと言えるでしょう。

おすすめの講座情報を見る

スキンケアマイスターは資格取得後に更新アリ

スキンケアマイスターの資格は、3年更新です。

年会費などはないものの、3年ごとに更新試験を受験しなければならず、その際に試験料の2,000円と、登録更新認定料の3,000円がかかります。
更新試験は25問で、80%以上の正答率で合格です。

スキンケアアドバイザーには資格更新はありません。

ただ、資格保持のために日本スキンケア協会に入会する必要があり、この年会費が年6,000円かかります。
更新試験がないため、あらためてテキストで学び直す必要はなく、それぞれの専門性を高めていけるのが特徴です。

試験はなくても、講習会や動画などを利用して、知識のブラッシュアップを行っていきたいですね!

サロンを経営されている方にはスキンケアアドバイザーがおすすめ!

エステサロンなど、ご自身でサロンを経営されている方には、アフターサービスの面でもスキンケアアドバイザーがおすすめ。

なぜなら、エステサロン向けの保険の相談に乗ってくれる保険コンシェルジュと、何かと不安なお金のことを相談できる税務コンシェルジュに無料で相談できるサービスが、アフターサービスの中に含まれているためです。

美容に関する知識や技術は得ていても、なかなか保険やお金のことについては勉強していないという方も多いはず。
そんな方のために、サロン経営の手助けになる各種コンシェルジュサービスは嬉しいですよね。

先ほど紹介した会報誌に掲載してもらえるサービスも、新規顧客の獲得やサロンのアピールにつながるため、ご自身のサロンをお持ちの方におすすめです。

おすすめの講座情報を見る

まとめ

今回は、スキンケアマイスターとスキンケアアドバイザーのそれぞれの資格を比較してみました。

スキンケアマイスターは専門性が高い内容で、試験の合格率も75%と初心者には少しハードルが高く、化粧品開発部門など専門職の方に人気の資格です。
特に資格講座などはなく、公式テキストを用いて学習を進めていくのが特徴で、自分で学習のスケジュール管理ができる方におすすめ。

スキンケアアドバイザーは、専門性が高い学習内容ではありますが、専用の講座を受講できるため、講師の添削サービスを受けることが可能です。
あまり勉強するのに慣れていない方や、美容分野についてあまり知識がない方にもおすすめできる資格ですよ。

予備知識がないけれど美容業界にチャレンジしたい!

勉強が苦手だけど、私にも取得できる資格はある?

という初心者の方には、スキンケアアドバイザーがおすすめです。

専門的な内容をかみ砕いて解説してくれているため、初心者はもちろんプロの方にもご満足いただける内容ですよ。

美容の資格を賢く取得して、キャリアアップを目指してみませんか?

おすすめの講座情報を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました